1. TOP
  2. BLOG
  3. スタイリストの仕事内容を紹介!

スタイリストの仕事内容を紹介!

  • 2021年01月25日
  • BLOG

「スタイリストに興味があり、どのような仕事内容なのか気になっている…」

 

ファッションが好きで、将来スタイリストとして活躍したいと思われている方は多くいらっしゃるかと思います。しかし、その仕事内容についてぼんやりと理解していても、仕事の流れなどについては、分からないという方がほとんどではないでしょうか?

 

そこで今回は、スタイリストの仕事内容をテーマにお届けしていきます。

 

スタイリストとは?スタイリストの仕事内容について

スタイリストは、テレビや雑誌、イベントなどの出演者のファッションに関するコーディネートを行うのが主な仕事内容になります。

 

勤め先によって、テレビ撮影での仕事をメインにしていたり、映画撮影でのコーディネートに携わることが多かったりと、それぞれの特色がありますので、勤務先を選ぶ際にはどの分野でのスタイリストとして活躍したいかを、明確にしておくとよいでしょう。

ファッションスタイリストの仕事の流れについて

ファッションスタイリストの仕事の流れは、その現場や会社によっても細かく違いがありますが、ここでは、一例を紹介します。

 

1.衣装の仕入れ

イベントや舞台などの本番で使用するアクセサリーや靴、洋服を仕入れます。

2.コーディネートの準備

本番を想定して、仕入れた衣装をコーディネートしておきます。

3.フィッティング

本番の会場にて、準備した衣装を出演者に身に着けてもらいます。そして、現場によっては撮影などの合間に、シワやヨレを綺麗に調整することもあります。

4.衣装を返却

最後に用意した衣装を返却するという流れになります。

 

このように、ファッションスタイリストといっても、ファッションのコーディネートだけが仕事ではないことがわかりますね。

 

スタイリストを自分の仕事にしたい!でもどうすれば?

スタイリストの求人を見てみると、「服飾系の学校出身であること」「アパレル業界での経験があること」などを、応募条件としていることが多いことに気付くはずです。ファッションスタイリストの仕事はただ単にその人のやる気だけでなく、ファッションに関する知識やセンスが求められます。

 

ですので、いつかスタイリストとして活躍したい…と思っている方は、まずは服飾系の専門学校に通うことから、夢を叶える道を切り開いてはいかがでしょうか?それが、ファッションスタイリストになるための王道になります。

 

まとめ:スタイリストの仕事内容を紹介!

いかがでしたか?今回は、スタイリストの仕事内容をテーマにお届けしてきました。スタイリストになれば、ファッションのコーディネートだけでなく、衣装管理なども行いますので、非常にやりがいのある仕事です。

 

将来的にスタイリストとして活躍したいと思われている方は、服飾系の専門学校に通うことが最適ですので、横浜ファッションデザイン専門学校を選択肢の一つにしていただければ幸いです。HPよりオープンキャンパスの詳細や資料請求が可能ですので、お気軽にご覧になっていただければと思います。

 

オープンキャンパス

資料請求