1. TOP
  2. BLOG
  3. ドレスコーディネーターになるには専門学校に通うべきなのか?

ドレスコーディネーターになるには専門学校に通うべきなのか?

  • 2021年08月30日
  • BLOG

「ドレスコーディネーターになるには専門学校に通った方がいいのかな…」
ドレスコーディネーターへの就職が可能になるブライダルの専門学校は多く存在しますが、やはりドレスコーディネーターを目指すためには専門学校に通うべきなのでしょうか?
今回は、「ドレスコーディネーターになるには専門学校に通うべきなのか?」という点をテーマにお届けしていきます。

ドレスコーディネーターとは?

そもそもドレスコーディネーターとは、結婚式を控えている花嫁とその家族の衣装をコーディネートする仕事のことをいいます。

ドレスコーディネーターを目指せる専門学校

ドレスコーディネーターを目指せる専門学校としてはブライダル専門学校が挙げられ、ドレスコーディネーターだけでなく、ブライダルプロデューサーや、ウェディングプランナー、コンシェルジュなど、ブライダルに関わる幅広い職種を目指すことができます。

また、ブライダルの専門学校ではなく、ファッション専門学校の中にはブライダルコースを用意しているところもあり、そのようなファッション専門学校であれば、ドレスコーディネーターを含めてさらに幅広い職業の選択肢が増えます。

ドレスコーディネーターは専門学校に通うべき?

ドレスコーディネーターの求人応募条件を見ると、未経験者の採用を行っている企業もあることがわかります。これだけ見ると専門学校に通わなくても問題ないようにも思えますが、専門学校に通うことで必要なスキルを十分に身に着けてから安心して就職することができますし、演習を行うことで事前に仕事のイメージを掴むことができます。また、専門学校では職業に就くことを前提としているため、就職先として選べる先が豊富にありますし、就職にあたってのサポートも充実しています。さらに、技術を身に着けてから就職できる環境は、選択肢が広がることに間違いありません。可能性を広げるという視点から考えると、専門学校に通うべきであると言えるでしょう。

専門学校では同じ方向性を持つ仲間と出会える

専門学校では、特定の職業を目指して通うことになるため、同じ夢を持つもの同士が集まります。社会に出るまでは不安なことが多いですが、一緒に夢を叶えていく過程を仲間と分かち合えるのは今だけしかなく、それは生涯の宝になります。ドレスコーディネーターを目指すことができる専門学校に限ったことではありませんが、専門学校生活は忙しいながらも充実した日々を送ることができるでしょう。

まとめ:ドレスコーディネーターになるには専門学校に通うべきなのか?

ドレスコーディネーターになるために専門学校に通う事は必須ではありませんが、将来役立つ専門の技術を身に着けて選択肢を広げることには、大きな価値があります。ファッションの専門学校であれば、ドレスコーディネーターを含めて職種の幅は広がりますので、もし服飾の専門学校を検討されている場合には、横浜ファッションデザイン専門学校を選択肢の一つにしていただければと思います。横浜ファッションデザイン専門学校では、ブライダルコースを用意しておりますので、お気軽に資料請求、お問合せいただけますと幸いです。

オープンキャンパス

資料請求