1. TOP
  2. 沿革

沿革

  • 194810月
    学校教育法第83條の規定により洋裁学校として、洋裁本科(1年制)洋裁師範科(1年制)2学科、4月生・10月生、昼夜8クラス、神奈川県より設置認可。
  • 19535月
    民法第34条により財団法人櫻井学園を設置認可。
  • 19768月
    学校教育法第82条の8第1項の規定により、服飾家政専門学校として、昼間部洋裁本科(1年生)師範科(2年生)、夜間部洋裁本科(1年生)師範科(2年生)を専門課程として認可。
  • 198810月
    アパレルメーカー技術職、就職強化の為、アパレルCAD(東レシノマ)導入。
  • 19944月
    新校舎完成。現校名横浜ファッションデザイン専門学校となる。昼夜間部ファッションクリエイティブ科(2年制)、進学課程ファッションデザイン科(1年制)を設置。
  • 19952月
    学校主催のファッションショー「YFDファッションコレクション」を開催。
  • 19964月
    新しいアパレル産業時代に対応する為、ファッションビジネス科(2年制)、生活デザイン科(2年制)の2学科4クラスを設置。昼間部は4学科9クラス、夜間部は2学科6クラスを設ける。
  • 199712月
    NY研修旅行を実施。FIT(ニューヨーク州立ファッション工科大学)を見学。
  • 19984月
    生活デザイン科授業充実の為、織機導入。
  • 20014月
    ファッションクリエイティブ科・ファッションデザイン科をアパレルメーカー就職強化及びより充実したパターン授業展開の為、アパレルCAD(東レクレアコンポ)導入。
  • 200211月
    パリ研修旅行を実施。
  • 20084月
    学校法人桜井学園 設立認可。
  • 201110月
    サルビアホールギャラリーにて、学生作品の展示会「アートコレクション」を開催。
  • 201310月
    横浜繊維振興会と産学連携をスタート。
  • 201312月
    2号館竣工。
  • 20144月
    文部科学省 職業実践専門課程認定校となる。
    認定学科
    昼間部 ファッションクリエイティブ科
    昼間部 ファッションビジネス科
    夜間部 ファッションクリエイティブ科

    新たに、グローバルビジネス科(進学課程 1年制)の設置認可を受ける。
  • 20144月
    髙島屋横浜店にて浴衣ショーに参加。
  • 20151月
    ルミネ横浜店にてワークショップを開催。
  • 20155月
    第63回ザ横浜パレードに参加。
  • 201510月
    CIAL鶴見にて、ファッションショーを開催。
  • 20164月
    夜間部ファッションビジネス科新設。
  • 20168月
    CIAL鶴見にてワークショップを開催。
  • 20174月
    CLOエンタープライズ アパレル3Dシステム導入。
  • 20174月
    東レクレアコンポ 新機能導入。