1. TOP
  2. BLOG
  3. テキスタイルデザイナーとは?~仕事内容・なり方~

テキスタイルデザイナーとは?~仕事内容・なり方~

  • 2020年12月30日
  • BLOG

皆さんはテキスタイルデザイナーという仕事を聞いたことがありますか?ファッションデザイナーやスタイリストは聞いたことがあっても、テキスタイルデザイナーについては、もしかすると分からないと言う方も多いかと思います。

 

そこで今回は、テキスタイルデザイナーとはどのような仕事なのか?そして仕事への就き方をテーマにお届けしていきます。

そもそもテキスタイルとは?

端的にテキスタイルは、加工前の素材としての織物や布のことを指します。同じく織物や布を示す言葉にファブリックがありますが、主にファブリックは家具やインテリア業界で使われ、加工後のものを指しています。

テキスタイルデザインとは?

端的にテキスタイルデザインとは、その名の通り織物や布のデザインのことを指します。そのデザインには、柄だけではなく素材や配色、機能なども含みます。

テキスタイルデザイナーとは?

ここまでくれば、テキスタイルデザイナーがどのようなものか予想がつくかもしれませんね。テキスタイルデザイナーは、洋服やネクタイなどの布地をデザインする仕事のことです。

 

テキスタイルデザイナーは、ファッションデザイナーの描いたデザイン画を基に、織り方や糸を決定させ工場に発注します。そして、発注したものが意図したものになっているかをチェックし生地の生産にあたります。このように、テキスタイルの企画から製造までを、服飾メーカーやデザイン事務所などで勤めて手がけます。

テキスタイルデザイナーになるには?

テキスタイルデザイナーになるには、テキスタイルの知識や、色彩の知識が必要なことはもちろんのこと、そのセンスも磨かなければなりません。これらの知識を学ぶためには、ファッションの専門学校に進学する道があり、ファッションデザインの専門学校であれば、総合的にファッション関連の知識を身に着けることができます。

 

テキスタイルデザイナーになるための特別な資格は必要ありませんが、在学中に色彩検定や繊維製品品質管理士などの資格を取れば、就職に有利になる可能性があります。

まとめ:テキスタイルデザイナーとは?~仕事内容・なり方~

いかがでしたか?今回は、テキスタイルデザイナーをテーマに、仕事内容やなり方をお届けしました。テキスタイルという言葉自体の意味を知らなかった方も、それについて知識が身に着いたかと思います。

 

もし、ファッションに興味があるのであれば、横浜ファッションデザイン専門学校の入学を検討されてみてはいかがでしょうか?横浜ファッションデザイン専門学校では、ファッションに関わる仕事に必要な知識を総合的に学ぶことができ、多くの卒業生がファッション業界で活躍しています。

 

少しでも気になる方はホームページより資料請求が可能ですので、お気軽にご覧になっていただければと思います。

オープンキャンパス

資料請求