1. TOP
  2. BLOG
  3. ファッションのトレンドカラーはいつ誰が決めているのか?

ファッションのトレンドカラーはいつ誰が決めているのか?

  • 2021年09月23日
  • BLOG

「トレンドカラーは一体誰が決めているんだろう…」
ファッションにはトレンドカラーがありますが、どのようにしてトレンドカラーが決まっているか気になりませんか?

今回は、ファッションのトレンドカラーはいつ誰が決めているのか?という点をテーマにお届けしていきます。ファッションが好きな方は是非ご覧ください。

トレンドカラーは自然に決まるものではない

トレンドカラーという名称から、自然にその年に流行った色がトレンドカラーに選ばれると思う方もいるでしょう。実はそうではなく、流行色を選定する機関により事前に決定されているのです。トレンドカラーは機関により作られているということを知ると、意外に思う方も多いかもしれませんね。

トレンドカラーを選定している機関について

それでは、トレンドカラーを選定する機関について見ていきましょう。

インターカラー(国際流行色委員会:International Commission for Color)

インターカラーは1963年に発足した、国際間で流行色を選定している機関であり、フランス、アメリカ、イギリス、日本など世界の17か国が加盟しています。各国の提案、協議によりトレンドカラーを選定するのですが、実シーズンの2年前の6月に春夏カラー、12月に秋冬カラーを決定しています。それから、各国の色彩情報団体が市場にあわせてトレンドカラーを発信していきます。

JAFCA(一般社団法人 日本流行色協会、Japan Fashion Color Association)

インターカラーに日本から参加しているのが、JAFCAと呼ばれる機関で、インターカラーで国際流行色が決まったのちに、先述したように、国内にトレンドカラー(JAFCAファッションカラー)を発信していきます。また、JAFCAファッションカラーは、国内の専門家が集まり市場の動向を見据えながら選定しているため、信頼を得ています。

PANTONE

PANTONEとは、アメリカに本社がある色見本の企業であり、PANTONEもトレンドカラーを世に発表しています。パントン・カラー・オブ・ザ・イヤー2021では、グレー(PANTONE 17-5104 Ultimate Gray)と黄色(PANTONE 13-0647 Illuminating)が選ばれています。

パントン・カラー・オブ・ザ・イヤーはトレンド分析を基に慎重に行われており、アート、ファッション、美容、エンターテインメントなど、さまざまな業界に対して大きな影響を与えます。

まとめ:ファッションのトレンドカラーはいつ誰が決めているのか?

いかがでしたか?今回の内容としては、
・トレンドカラーは自然に決まっているものではない
・トレンドカラーはインターカラーなどの機関が選定している
・トレンドカラーは実シーズンの2年前の6月に春夏カラー、12月に秋冬カラーを決定している
以上の点が大切なポイントでした。各年、決まったトレンドカラーを押さえてコーディネートをするようになれば、トレンドカラーの発表もワクワクしてきませんか?このような知識を知ることでファッションの見え方も変わってくるかもしれませんね。

横浜ファッションデザイン専門学校では、色に関すること、ファッションデザインに関すること、ファッションとビジネスに関すること、など幅広く学ぶことができます。これら、横浜ファッションデザイン専門学校で学んだ知識は就職に直接つながっていきますので、将来ファッションに関わる仕事に就きたいという方は、まずは資料請求をしていただければと思います。

オープンキャンパス

資料請求